日本とイタリアを結ぶピアニスト

妻マリアンジェラの提唱のもと、神奈川県立子ども医療センターの重症心身障害児施設で、音楽と医療の関わりの研究が始まりました。ボロボロのアップライトピアノで始まった研究ですが、大きな成果が見られ、医学学会で研究過程が発表されました。

より良い環境で研究が進むようにと、同施設にグランドピアノを贈ろうと、日本とイタリアでのコンサートで寄付を募って参りました。

イタリアでは、ガン撲滅協会"デ・ヴィンチェンツィ”から「命のピアノ」運動と位置づけて、大きな支援を受けました。今夏のイタリアでの最終演奏会では、会長である著名な医師ウーゴ・フォルコ氏から「命のピアノ」の楯を頂戴致しました。

2013年10月26日、日伊の温かな心のこもったピアノを重症心身障害児施設に寄贈し、その贈呈式とミニコンサートが開催されました。多くの方々の支援に心より感謝致します。ありがとうございました。その模様の写真をご覧下さい。

(神奈川新聞と毎日新聞神奈川版で取上げられました)

詳細はPDFで

重症心身障害児施設で音楽と医療の関わり研究

CD案内
フィナーレ・リーグレ市 名誉市民に
「命のピアノ」 プロジェクト
JASRAC許諾番号:S1011242286  Copyright © ㈲ブリッランテ All Rights Reserved