Shop

5月 音のプレゼント
CD「CHOPIN」より パガニーニの思い出 1829年、イタリアの大ヴァイオリニストのパガニーニの演奏をワルシャワで聴いたショパンは大きな感銘を受けました。そこで演奏された「ヴェニスの謝肉祭」の主題と同じ旋律を使って、ショパンも作曲したのがこの作品です。イタリアへの憧憬の念を持っていたショパンは、この明るい流れるような旋律をこよなく愛し、連弾作品にもこの旋律を使っています。
 Copyright © ㈲ブリッランテ All Rights Reserved